あなたの本棚にもきっとある!語学関連の積読本をご紹介!

語学関連の積読本

購入したときの熱意が続かず、積読本になってしまうことが多いのが語学関連の本です。あのときの熱意は一体どこへ!?
積まれた本を見るとちょっと後ろめたい気分です。今回は特に長く積まれてきた3冊をご紹介

積読本『DUO 3.0』

created by Rinker
鈴木陽一(著)

英語を学ぶ多くの人がこの本に挑戦し、挫折していったことでしょう。
DUO 3.0』の特徴は560本の例文に重複しないように単語や熟語が入っていることです。

『DUO 3.0』は例文に多くの言葉を詰め込みすぎているためか、ひとつひとつの例文が非常に長くて難しいです。

例文が複雑

例文は丸暗記するのが前提ですが、ほとんどの人が最初の方で挫折しているのではないでしょうか。
僕もその一人です。どのような例文なのか1つ引用してみます。

Bob was so beside himself that he could scarcely tell fact from fiction.

ボブはひどく取り乱していて、現実と虚構の区別がほとんどできなかった。(p.10)

いったい彼に何が!?SECTION 2の最初の例文です。ボブはここで初登場するのですがちょっと強烈ですよね。
この先は読んでいないのでボブに何があったのかはわかりません。

あれから5年

この本を買ったのは確か2015年頃なのでもう5年が経ちます。ずっとボブのことが気になっています。

最近、僕は英語の勉強をまた始めています。仕事が減って暇になったからです。
長く積読本として部屋に置かれていた『DUO 3.0』を再び開くときがきました。ボブについて何かわかったらお知らせします。

積読本『ゼロから始めるドイツ語』

なぜか突然、ドイツ語を学びたくなったようです。ドイツ語ができたらかっこいいなって思ったのかもしれません。誰にでもそういうときってありますよね。

そして目的の不明瞭な学習の多くは実を結ぶことがありません。僕も例外ではありませんでした。

いろんな言語に手を出す

実はドイツ語の本だけでなく、僕の本棚には全く使われていないフランス語の辞書もあります。
そしてAmazonの欲しい物リストの中にはギリシャ語の本まで入っています。さすがに積読臭が強いので買わずに踏みとどまっています。

まずは英語から

英語すらできないのに別の語学に手を出して挫折してしまいました。まずは英語ができるようになってから新しい言語を学ぶのがオススメです。

積読本『JavaScript 第6版』

created by Rinker
David Flanagan(著)

オライリーの技術書です。語学編にこれを入れるか迷いましたがプログラミング言語も語学のようなものなので記事にすることにしました。
この本も読みはじめてすぐに挫折しました。

通称サイ本、JavaScriptのバイブルと呼ばれているオライリーの人気技術書です。

オライリー本は一般的にレベルが高く、読むのが難しいといわれています。
それに加えてこのページ数なので読み切ることができませんでした。最後まで読んで理解できた人はすごいと思います。

厚さ45mm

この本は800ページ程あってとにかく分厚いのです。厚さを測ってみたら45mmもあります。もう枕です。
久しぶりに手に持ってみたら、猫に齧られた形跡がありました。噛むのにちょうどいい厚さだったのかもしれません。

読めないのになぜか買ってしまう

積読本としてもう8年近くたつのでどうにかしたいのですが、オライリー本が本棚にあるとちょっと賢く見えるのでそのまま飾ってあります。
他にも何冊かオライリー本を持っていますが、1度も読了したことはありません。

自粛期間のいまは積読本を読もう

自粛期間は語学本

語学関連の積読本はたくさんあるのですが、今回は3冊に絞ってご紹介しました。外出自粛によって家にいる時間が多くなっています。

改めて家の本棚にある積読本を調べてみるのもおすすめです。忙しくていつのまにか積読してしまった本もいまなら読めるかもしれません。

いかにしてそれは積まれていったのか?お勧めの積読本をご紹介だなも!
いかにしてそれは積まれていったのか?お勧めの積読本をご紹介だなも!
積読本になるのが事前にわかっていれば買わなくて済んだのに。では何故その本を買ってしまったのか.....