1980年代に愛読していた『コロコロコミック』を数十年ぶりに買い、そして読んだ!

『コロコロコミック』を久しぶりに読む

コロコロの黄金時代と言われている1980年代に少年時代を過ごしました。書店でなんとなく見かけたコロコロがとても懐かしくて思わず買ってしまいました。

ボンボンはどうした!?

コロコロ

書店の売り場にコロコロを見つけたとき何か違和感がありました。コロコロの隣にいつもあったボンボンが見当たらないのです。ボンボンは一体どこへ!?

廃刊していた

調べてみるとボンボンはすでに廃刊していました。それでも2007年まで頑張っていたんだねボンボン…

コロコロ派が多数だった

たしかにボンボンはいつもコロコロの人気に押され気味でした。僕が子供の頃は毎月コロコロを買ってお小遣いが余ったらボンボンも買うという感じでした。

コロコロを買わずにボンボンだけをあえて買う勇気はありませんでした。
コロコロとボンボンを兄弟で買って読んでいる友達もいましたがボンボンしか買わない友達はいませんでした。

コロコロとボンボンを当時売れていたゲーム雑誌で例えるとしたらファミマガに対するマル勝ファミコン。
少年漫画雑誌ならジャンプに対するマガジン。音楽雑誌ならロッキング・オンに対するクロスビート。それがボンボンでした。

ボンボンの人気漫画といえば

ボンボンも結構読んでいたはずなのですが、覚えている漫画は『やっぱ!アホーガンよ』ぐらいです。
主人公のプロレスラーであるアホーガンがちんちんでじゃんけんしたりする下品なギャグ漫画だった記憶があります。

ちんちんでじゃんけんって何を言っているのかわからないかと思いますが、本当にそんな漫画があったのです。
今の時代だったら下品すぎておそらく連載されないでしょう。

コロコロのデジタル版だって?

コロコロの隣、本来ボンボンが置かれている場所には驚いたことにデジタル版のコロコロがありました。
小学生がタブレットでスワイプしながらコロコロを読むんですか。時代ですね…

デジタル版も書店で

コロコロは付録がついているのでデジタル版も書店に置かれています。デジタル版は雑誌のシリアルコードが入った付録セットです。

変わらないことがいいこともある

僕が読んでいた時代のコロコロは『つるピカハゲ丸』や『かっとばせ!キヨハラくん』などが人気でした。
数十年ぶりに読んだコロコロは掲載されている漫画は変わりましたが、小学生向けの漫画雑誌としての姿勢はそのままです。

高齢者向けの雑誌が増える時代

少子高齢化によりいろんな雑誌が高齢者向けの内容に変わってきています。子供向け雑誌は売れなくなってきています。

小学館の小学生向け雑誌は『小学8年生』という全学年向け雑誌に変わりました。
『小学一年生』はそのまま残っているので2年生以降がまとめられました。

もしコロコロに年齢層が上がった読者向けにさいとうたかおの時代劇シリーズや、年金や相続問題をテーマにした漫画があったらどうしようと心配でした。
しかし実際に読んでみるとそれは杞憂に終わりました。

あいかわらずのうんちネタ

今でも小学生にしか受けないような漫画ばかりだし、ギャグ漫画ではあいかわらず、ちんちんとうんちを描いておけば笑いは取れるといった感じです。
時代は変わっても子供向けのギャグ漫画の本質は昭和から変わっていません。

変わらないってことは今の時代、とても難しいことです。雑誌が売れないと言われる時代ですがコロコロにはこの先も長く続いてほしいですね。

読んだコロコロは本棚へ

岩波文庫とコロコロ

岩波文庫の間に収めてみました。突き抜ける存在感。この厚みならブックエンドにも使えそうですね。

子供の頃、本棚にコロコロとファミ通ばかりがあった頃はたしかに世の中を知らずに無知でした。それでも毎日楽しく過ごしていました。

あのときのワクワクした感じっていつの間にか消えてしまったなあとコロコロを数十年ぶりに読んでいて思ったのでした。