保護猫の生後半年までにかかった費用66,000円の詳細

猫にかかる半年の費用

生まれたばかりの子猫を保護して半年が過ぎました。半年にかかった費用は66,000円です。
これから猫を迎えようとしている方の参考に、費用の詳細をまとめました。

子猫にとっての半年は離乳してワクチンを2回打ち、去勢(避妊)するまでの期間です。

生後2ヵ月頃までの費用は6,400円

生後2ヵ月までのミルクと離乳食
子猫用ミルク4,200円
子猫用離乳食2,200円

僕の場合は生まれたばかりの子猫を保護しましたが、一般的には離乳前の子猫を迎えることは少ないかと思うので表を分けました。
猫用の哺乳瓶なども買いましたが細かくなるので次の表で「その他雑貨」としてまとめています。

必要なミルクの量は?

ドライフードを食べられるようになるまでの2ヵ月間にミルク250gを3缶、離乳食420gを2缶与えました。実際に与えたミルクなどは表内にリンク(Amazon)しています。

ミルクは必要な量がわからなかったので1缶ずつ注文していました。
最初からどれぐらい必要かわかるとまとめて買えるので手間がかかりません。

生後2ヵ月から半年までの費用は24,600円

生後半年までの猫にかかる費用
子猫用トイレ1,600円
成猫用トイレ2,400円
トイレシーツ1,400円
トイレチップ3,600円
キャットフード5,600円
その他雑貨10,000円

生後半年までにかかったフードや雑貨の合計は24,600円でした。実際に購入したフードや雑貨は表内にリンク(Amazon)しています。

大事なキャットフードは猫の健康と価格のバランスを考慮してピュリナ ワンを選びました。生後2ヵ月頃から2.2kgを4袋程与えました。

猫トイレは最初から成猫用がお得

使用している猫トイレはチップの下にシーツを敷くタイプです。
ケージに入れる子猫用トイレを最初に買いましたが、成長したので今はケージの外にも成猫用のトイレを買い足しています。

子猫用トイレはずっと使えるものではないので最初から成猫用トイレを買えば節約できます。
子猫が小さいときは100均にある食器の水切りでも代用できます。

トイレシーツは交換するまで1週間ほど使える専用のものではなく、安価なシーツを使っています。
まめに取り替える必要はありますが安いので助かっています。

猫の雑貨類

その他雑貨ですが、猫のケージを作るために100均でワイヤーラックを買ったり、毛布やタオル、猫の食器、おもちゃなどに使った費用です。
家にあるものを代用するかどうかでここの費用はだいぶ変動してきます。

100均の猫グッズ

猫関連のグッズはダイソーなどの100均でもある程度揃えられます。消耗品の爪とぎやおもちゃは100均で買って節約しています。

保護猫のケージを100均のワイヤーネットでつくる!床と扉はどうする?
保護猫のケージを100均のワイヤーネットでつくる!床と扉はどうする?
庭で保護した子猫のために、100均のワイヤーネットを使ってケージを作りました。実際に使ってみ.....

生後半年までの病院代は35,000円

生後半年までの猫の病院代
通院用猫バッグ2,700円
初回の健康診断2,500円
猫3種ワクチン9,800
去勢手術20,000円

一番かかった半年の病院代は35,000円です。猫3種ワクチンは2回分の費用です。去勢手術は雌の場合は避妊手術になるのでもう少し費用がかかります。
去勢手術の費用には猫エイズ、猫白血病の検査費用も入っています。

猫エイズと猫白血病について

野生の猫を保護した場合はどちらも検査したほうが安心です。生後半年頃から検査できるので去勢(避妊)手術と一緒にしてもらいましょう。

保護猫を迎えるという選択肢

以上、保護猫に半年でかかった費用、合計66,000円の詳細です。
そしてこの表にはありませんが、猫を家に迎える手段によっては発生するかもしれない一番大きな費用は、命としての猫の値段です!

これから猫を飼おうとしている方はペットショップで購入する前に、保護猫を迎えることも検討してみてください。